Sponsored by こうざと矯正⻭科クリニック
【SHIKAGAWORK】香川県で歯科業界に携わりたい人へ 魅力・やりがいONLINE » 歯科衛生士のやりがいONLINE

歯科衛生士のやりがいONLINE

このサイトは 「こうざと矯正歯科クリニック」をスポンサーとして、Zenken株式会社が運営しています。

公開日:|更新日:

国家資格のひとつである歯科衛生士は、どのような仕事をする専門家なのでしょうか。具体的な仕事内容やなり方、将来性・収入・職場の種類・働きやすさといった、気になる情報をまとめてみました。

歯科衛生士のやりがい

患者さんから「ありがとう」と言ってもらえる

歯科衛生士は患者さんとコミュニケーションをとる機会が多い職種です。具体的には、診療のサポートや口腔ケア、生活習慣病を予防するための指導などが挙げられます。

性別を問わずあらゆる年代の患者さんと接するため、時に「ありがとう」と直接感謝されることもあるでしょう。こういった嬉しい言葉をもらえると、「歯科衛生士になって良かった」「仕事にやりがいを感じる」という気持ちになります。

もちろん、すべての患者さんから「ありがとう」と言ってもらえるわけではありませんし、時にはクレームを受けることも。それでも患者さんの喜んでいる顔を見ると、「歯科衛生士になって良かった」と思えることでしょう。

チームで働いている実感を得やすい

歯科衛生士は、個人よりも歯科医や歯科助手とチームを組んで業務を行うことが多いです。歯科治療の時には診療補助として、洗浄や器具の受け渡しなどを行い、治療がスムーズに進むようサポートします。チームの一員として貢献できていると感じられれば、歯科衛生士としてのやりがいにつながること間違いありません。

また、歯科衛生士にはインプラントや歯周病など、専門性の高い認定資格もあります。専門分野に特化した能力を身に着ければ、チームのスキルアップに役立つため、歯科クリニック以外の現場からも求められる存在となれるでしょう。

口腔内環境が改善すると達成感がある

歯科衛生士の仕事の1つに、歯科予防処置というものがあります。この仕事では患者さんの口腔内のクリーニングを実施するのですが、口腔内環境は人それぞれ。たとえば、着色汚れが付いている、緑化歯石が付着しているなどの症状も、患者さんによって程度が異なります。着色や歯石がきちんと除去できた時に、仕事の達成感を得ることが多いでしょう。

歯周病はSRPやスケーリングといった処置を行うと、歯肉の状態が改善に向かいます。また、嚥下指導や歯磨き指導などを通して口腔内に良い変化がもたらされた時も、自分の仕事にやりがいを感じるでしょう。

専門職として資格を活かして働ける

歯科衛生士は、患者さんの口腔内の健康をサポートできるという点において、特にやりがいを得られる職業です。口腔内にアプローチできる資格を持つ職業は少なく、歯科衛生士は数少ない職業のうちのひとつとなっています。そのため、口腔環境のケアを通して患者さんの葉の健康を維持できる専門職であることが、やりがいと誇りを感じられるポイントです。

また、歯の治療においては歯科医が行うため、歯科衛生士の仕事は歯科診療補助がメインです。歯科医の指示によっては治療の一部を担当できるため、患者さんの抱える問題を直接的に解決できるのもやりがいになり得ます。

患者さんの健康をサポートできる

歯科衛生士の仕事の1つである歯科保健指導では、健康な歯を保つ大切さや正しいケアの方法をレクチャーします。歯がなくなってしまう危険性のある虫歯や歯周病の恐ろしさを知ってもらい、予防をしてもらえれば、非常に大きなやりがいとなるでしょう。

歯科保健指導は、歯科クリニックに来院する患者さんだけでなく、幼稚園や介護施設などに出向くケースもあります。健康的な歯へと導くための基本となる歯磨きはもちろん、自分たちの口腔環境に少しでも関心を持ってもらえれば、それだけで「歯科衛生士をやっていて良かった!」と思えるでしょう。

夜勤などがなく、プライベートも大切にできる

歯科クリニックによっては、産休や育休に力を入れていたり、「午前中だけ」などの時短勤務に対応しているなど、子育てのサポートを積極的に実施しているところもあります。そのため、結婚や出産を理由に退職しても、比較的スムーズに復職できるのも歯科衛生士の魅力です。たとえブランクがあっても、歯科衛生士会などで復職支援を受けることもできます。

また、ほとんどの歯科クリニックでは残業がなく、看護師のように夜勤もないです。19時くらいには終業となるのが一般的なので、仕事とプライベートを両立させやすいというメリットがあります。

歯科衛生士の仕事はどんなもの?

歯科クリニックにおける看護師的存在というイメージが強い歯科衛生士ですが、実は口腔衛生のプロフェッショナル。ここでは歯科衛生士の3大業務である歯科診療補助・歯科予防処置・歯科保健指導ごとに、その仕事内容を詳しくご紹介していきます。また、歯科衛生士数の増加という状況を踏まえた、スキル面における差別化の重要性についても触れています。

歯科衛生士の仕事内容を詳しく見る

歯科衛生士に将来性はあるの?

年々資格取得者の数が増え続けており、働き方の多様化から長く勤務する人も増えている歯科衛生士という職業。この歯科衛生士という仕事に将来性はあるのでしょうか?気になる情報をまとめてみました。また、長く活躍するために知っておきたいクリニック勤務以外のキャリアや、矯正歯科衛生士というひとつの選択肢についてもご紹介しています。

歯科衛生士の将来性を詳しく見る

矯正歯科衛生士になるには?

専門的な知識・スキルを身につけた矯正歯科衛生士は、専門性の高い矯正歯科において重宝される存在です。ここでは、そんな矯正歯科衛生士の認定資格である、日本歯科審美学会認定士・インプラント専門歯科衛生士・認定矯正歯科衛生士になるための条件と、その仕事内容について解説。キャリアアップの手段としても注目されている資格ですので、ぜひチェックしてみてください。

矯正歯科衛生士のなり方を詳しく見る

歯科衛生士の給与が知りたい

安定した需要があるとされる歯科衛生士という職業ですが、その給与はどれくらいなのでしょうか。ここでは香川県における歯科衛生士の平均年収と、全国平均のデータを照らし合わせ、今後の動向などを考察しています。また、年齢別の年収の推移と特徴についてもまとめていますので、歯科衛生士としてのキャリアアップを考える際の参考にしてみてください。

歯科衛生士の給与を詳しく見る

歯科衛生士の職場はどこがおすすめ?

歯科衛生士の9割は歯科クリニック勤務となっていますが、実は他にも資格を活かせる職場が存在します。ここでは歯科クリニックをはじめとする、病院・介護施設・保健所といった歯科衛生士の職場について、それぞれの特徴と仕事内容をご紹介。自分自身の夢・目標・キャリアアップの実現、活躍の場を広げていくための参考になれば幸いです。

歯科衛生士の働く場所のおすすめを詳しく見る

歯科衛生士は残業が多い?

働きやすさに大きな影響を及ぼす残業時間についてですが、歯科衛生士の場合はどれくらいが平均なのでしょうか。厚生労働省の賃金構造基本統計調査のデータをまとめてみました。また、時間外労働・休日労働において知っておきたい36協定についてや、歯科衛生士の退職原因のひとつとなっている福利厚生の問題についてもまとめています。

歯科衛生士の残業について詳しく見る

歯科衛生士と歯科助手の違い

歯科医院で働く歯科衛生士と歯科助手の違いについて紹介しています。こちらのページでは、それぞれのどのような仕事を担当するのかといった点や必要となる資格、給与面、働く場所といった面からどのような違いがあるのかをまとめました。歯科医院で働きたいけれど、歯科衛生士と歯科助手の違いがよくわからない、違いについて知っておきたいと考えている方は参考にしてみてください。

歯科衛生士と歯科助手の違いについて詳しく見る

認定歯科衛生士とは

歯科衛生士が取得できる資格として「認定歯科衛生士」と呼ばれるものがあります。この資格は、ある専門分野において優れた技術や知識を持っていると認められた歯科衛生士に与えられるもの。取得することによってキャリアアップに繋がったり、待遇面で優遇される可能性があるなどさまざまなメリットがあるといえるでしょう。記事では、試験の合格率や難易度、資格の種類などについてまとめています。

認定歯科衛生士について詳しく見る

歯科衛生士をしていて辛いこと

どのような仕事でも辛く感じることはありますが、この記事では歯科衛生士として働く中で辛く感じることにはどのようなことがあるのか?という点を紹介。例えば医師や他のスタッフ、患者さんとのコミュニケーションがうまくいかない、また患者さんへの説明がうまくできない、退勤時間が読めないことがあるなどさまざまな面からまとめていますので、どのようなケースがあるのか、という点について知っておきましょう。

歯科衛生士をしていて辛いことについて詳しく見る

歯科衛生士に向いている人は
どんな人?

こちらの記事では、歯科衛生士に向いている人の特徴について紹介します。ただし、やる気や努力次第でスキルは身に付けられるため、特徴に該当しないからといって必ずしも向いていないわけではないことを頭に入れておきましょう。

歯科衛生士に向いている人について
詳しく見る

歯科衛生士はどんなふうに
一日の仕事を行うの?

歯科衛生士は、働く歯科医院によって勤務時間などが若干変わってきます。ただ、基本的な流れはどこでも一緒なので、1日のスケジュールがどのような形になるのかをしっかりと把握しておくと、働きやすくなると言えるでしょう。

歯科衛生士の1日の流れ
について
詳しく見る

歯科衛生士の
志望動機の書き方

歯科衛生士として働く第一歩を踏み出すためには、職場となる医院に志望動機をしっかりと伝える必要があります。なぜ自分がその仕事をしたいのか、具体的なエピソードなどを交えてまとめることで、採用の確率はアップするはずです。

歯科衛生士の志望動機の
書き方について詳しく見る

歯科衛生士のインタビュー

歯科衛生士が主役として働けるのが、香川県坂出市にあるこうざと矯正歯科クリニック。矯正専門の歯科医院なので、矯正の対応をしたり、ホワイトニングを行なうことができます。その歯科医院で働く歯科衛生士のインタビューをまとめています。

歯科衛生士のインタビューを詳しく見る

いつから始める?歯科衛生士の就活スケジュール

歯科衛生士を目指している学生さんにとって気になるのが、いつから就活を始めたらいいのかどうか。歯科業界では人手不足が課題となっているため、経験のない新卒でも内定をもらいやすい傾向にあります。ただ、新卒を募集している求人が多い時期を逃してしまうと、こだわりの条件に合う求人探しに苦労することも…。就活を始めるのにベストな時期や就活に必要な期間などをまとめました。

歯科衛生士の就活スケジュールを詳しく見る

歯科衛生士の自己PRには何を書く?

他の業界と比較して求人倍率が非常に高い歯科衛生士。求職者にとっては嬉しいポイントですが、人気の高い歯科医院や条件の良い職場は応募者が多く、採用されるのは簡単ではありません。

数多くの応募者の中から「この人を採用したい!」と思ってもらうためには、歯科衛生士としての自身の魅力や能力を最大限にアピールするのが重要です。

歯科衛生士の自己PRについて
詳しく見る

歯科医院見学は行くべき?メリットと注意点

歯科医院見学は、歯科医院と求人応募者のミスマッチを防止するために有効な方法です。事前に医院を見学しておくことで、職場環境や患者層、具体的な業務内容などを把握できます。限られた時間で欲しい情報を手に入れるためにも、歯科医院見学で確認するポイントを知っておきましょう。また、見学時の注意点もチェックしておくのも重要です。

歯科医院見学について詳しく見る

歯科衛生士にとって有利?嚥下トレーナーの資格とは

歯科衛生士にとって嚥下トレーナーは、必須資格ではありません。ただし、メリットは大いにあります。摂食障がい者や、介護者の家族にとって、嚥下トレーナーの知識と技術は役立つものです。歯科衛生士として、あれば就職に有利になる資格といえるでしょう。

嚥下トレーナーの
資格について
詳しく見る

歯科衛生士がやってはいけないこと

歯科衛生士にはやってはいけない業務があり、違反すると逮捕される可能性があります。歯科衛生士として働くのであれば、知らずに違法行為をしてしまわないようにやってはいけない業務内容について理解しておくことが大切です。また、歯科医院によってはやってはいけない業務を強制されることもあるので、きっぱりと断る勇気も必要になります。

歯科衛生士が
やってはいけないことについて詳しく見る

歯科衛生士が行う歯科予防処置
(プロフェッショナルケア)

歯科衛生士による歯科予防処置をプロフェッショナルケアと言います。プロフェッショナルケアの主な内容は、スケーリング(歯石除去)、PMTC(機械的歯面清掃)、フッ化物塗布、シーラント処置(小窩裂溝填塞)の4つ。プロフェッショナルケアでは、専門家の視点から患者さんの口腔内の状態を見極め、必要なケアを行うことが求められます。

歯科衛生士が
行う歯科予防処置
を詳しく見る

勉強会や研修会へ参加する時の服装について

歯科衛生士として、勉強会や研修会に参加することがあります。その際、「服装はどうしたら良いのだろう」と悩む方もいるでしょう。服装規定がない場合は、オフィスカジュアルやビジネスカジュアルな服装がおすすめです。

勉強会や研修会へ
参加する時の服装について詳しく見る

電話対応のコツ

歯科衛生士でもクリニックによっては、予約などの電話対応をしなければなりません。電話の対応次第で患者の歯科医院のイメージが変わってしまうため、できる限り安心感を与えるよう意識することが大切です。ゆっくり・ハッキリとした優しい口調で話しましょう。

電話対応の
コツについて詳しく見る

歯科衛生士が
仕事で覚えることは?
覚えるコツについて

歯科衛生士の仕事を早く覚えるためには、メモを取ることが大切です。メモは走り書き用と清書用のふたつを用意しておくのがいいでしょう。また、空き時間を有効活用してわからないことを先輩や先生に確認したり、取ったメモを見返したりすることも大切です。仕事中に分からなかったことは早めに確認を取って、以後の仕事をスムーズに進められるようにしましょう。

歯科衛生士が覚えることを
詳しく見る

【歯科衛生士向け】小児歯科での子供への対応

歯医者さんが苦手な子どもは多くいます。歯科医院で怖い思いをするとトラウマになってしまうため、歯科衛生士の対応は重要。常に笑顔を心がけ、優しく声をかけるようにしましょう。まずは歯科医院へ対する恐怖心を和らげてあげることが大切です。

【歯科衛生士向け】小児歯科での
子供への対応を詳しく見る

男性でも歯科衛生士になれる?

男性でも歯科衛生士になれます。歯科衛生士は女性だけのイメージもありますが、実際は男性でもなれるのです。男性歯科衛生士は、国家資格であり安定した仕事というメリットがあります。また、男性の観点からの業務改善、体力面でのサポートといった点でも活躍できます。

男性でも歯科衛生士になれる?を詳しく見る

歯科衛生士が行うTBI指導の方法について

ブラッシング指導を行う場合、まずは問診・診査が大切です。歯の状態やブラッシング状況などに合った指導を行わなければなりません。また初診のケースや定期的に指導しているケースでもチェックポイントが変わるので注意しましょう。

歯科衛生士が行うTBI指導について詳しく見る

sponsored by
こうざと矯正歯科クリニックとは?
イメージ

引⽤元:こうざと矯正歯科クリニック公式HP(https://www.kouzatokyousei.com/clinic)

多角的アプローチを行なう
稀有なクリニック

香川県坂出市にあり、小児を中心に矯正専門に医療を提供しているこうざと矯正歯科クリニック。矯正に関する新しい技術やトレンドを取り入れるとともに、歯科医や歯科衛生士、歯科技工士らとともに言語聴覚士も連携した多角的なアプローチを行なっている稀有なクリニックです。上里院長はインビザラインのスペシャリストでもあり、矯正歯科の前線で働きたい人におすすめです。

公式HPで求人情報を見る

公式HP

所在地 香川県坂出市駒止町1-4-2
電話番号 0877-45-3710