Sponsored by こうざと矯正⻭科クリニック
【SHIKAGAWORK】香川県で歯科業界に携わりたい人へ 魅力・やりがいONLINE » 言語聴覚士のやりがいONLINE » 言語聴覚士に向いている人はどんな人?

言語聴覚士に向いている人はどんな人?

このサイトは 「こうざと矯正歯科クリニック」をスポンサーとして、Zenken株式会社が運営しています。

公開日: |更新日:

言語聴覚士に向いている人ってどんな人なのでしょうか。このページでは、歯科衛生士に向いている人の特徴について紹介します。

言語聴覚士に向いている人の特徴

人とコミュニケーションを取るのが好き

言語聴覚士は患者さんと向き合って訓練を行います。訓練の進み具合はコミュニケーションの仕方によっても変わります。症状だけでなく趣味や嗜好、性格などを知り、患者さんひとりひとりに寄り添うことはとても大切です。

また言語聴覚士は、患者さんだけでなくその家族や多職種の人などさまざまな人と関わる場面も多いです。そのため、人に対して興味がある人や他者とコミュニケーションを取ることが好きな人に向いているでしょう。

共感力がある

患者さんの中には、自分の思いを上手に伝えられないことでストレスを溜め込んでいる方も少なくありません。また病気や事故で障がいを持つことになった場合、昨日まで普通にできていたことができなくなった絶望感を持っている人もいます。

そんな患者さんたちの心の声に耳を傾けることも大切です。人の気持ちに対して鈍感な人だと、患者さんもなかなか心を開かないでしょう。言語聴覚士は、ひとりひとりの気持ちに寄り添う共感力が必要です。

観察眼がある

言語聴覚士の患者さんは、ことばで気持ちを思うように伝えられない方が多いです。そのため言語聴覚士は、患者さんが何を望み何がしたいのかしっかり観察する必要があります。注意深く観察することで、口の動きなどちょっとした変化に敏感に気付けるようになるでしょう。そんな気づきが訓練の改善などに繋がります。

言語聴覚士には、表情やしぐさなどから意思を読み取る観察力や注意深さ、精細さなどが必要です。

根気強い

障がいを持つ患者さんは、訓練によってすぐ成果が出るわけではありません。日々コツコツと訓練を継続することが大切で、長い時間をかけて徐々に改善を目指すことになります。相手のペースに合わせて訓練を行っていく中で、言語聴覚士に必要なのは根気強さです。

訓練をしていく上で、患者さんの状態が順調に改善していくときもあれば、時には後退する場合もあります。長期間に及ぶため、患者さんのモチベーションが下がるときもあるでしょう。そんな患者さんを励ましサポートしながら、じっくり腰を据えて向き合っていくことが大切となります。

まとめ

もちろん言語聴覚士には専門知識や技術も大切ですが、ことばで表現するのが困難な人の思いを汲み取ることができる力や、思いやりの心も必要です。言語聴覚士のやりがいには患者さんや家族の喜びの場に直接関われることなどがあります。言語聴覚士の仕事に興味があり、人を理解したいという思いがあって日々努力し続けられる人ならば、誰でも言語聴覚士を目指せるでしょう。

言語聴覚士が働く場所は?
特徴やメリットを紹介

sponsored by
こうざと矯正歯科クリニックとは?
イメージ

引⽤元:こうざと矯正歯科クリニック公式HP(https://www.kouzatokyousei.com/clinic)

多角的アプローチを行なう
稀有なクリニック

香川県坂出市にあり、小児を中心に矯正専門に医療を提供しているこうざと矯正歯科クリニック。矯正に関する新しい技術やトレンドを取り入れるとともに、歯科医や歯科衛生士、歯科技工士らとともに言語聴覚士も連携した多角的なアプローチを行なっている稀有なクリニックです。上里院長はインビザラインのスペシャリストでもあり、矯正歯科の前線で働きたい人におすすめです。

公式HPで求人情報を見る

公式HP

所在地 香川県坂出市駒止町1-4-2
電話番号 0877-45-3710